« 混沌(La Paz, Bolivia) | トップページ | そこはかとなく漂う…その2(La Paz, Bolivia) »

2008年9月 5日 (金)

そこはかとなく漂う…(La Paz, Bolivia)

 ラパス滞在中、歩き回ることができた時間は限られていた。ついてしばらくは、高度順応の必要もあっておとなしくしていたし。
 結局歩き回ったのは、土産物屋が集まるサガルナガ通り(Sagárnaga)の周辺ぐらい。狭い範囲しか見ていないけど、そこはかとなく漂っていたのは…。
 
R0010210
 
撮影:全て GX200 / RAW /SILKYPIX

 
 
 
 
 素朴さと言えば聞こえが良いが、端的に言えば、貧しさということになるのかもしれない。サガルナガ通りを上った所で開かれていた市。カンペシーノ(農民)たちが、作物を売りにきていた。地べたにシートを敷き、作物を並べる。

Lapazmercado2
 
 
 
 
 高地なのでどんなものかと思ったが、意外とトマトなどは良く採れるようだ。
 
Lapazmercado4_2
  
 
 
 
 こうして撮っていて、何か貧しさを見物しているような後ろめたい気持ちになる。で、どうしても散漫な写真になる。アンデス諸国の土産物屋に、よく先住民の女の子のアップの写真が絵はがきになって売られているけど、そんな感じ。どう見ても経済的に恵まれた子でもなければ、撮影の謝礼をあげている風でも無い(想像だけど)。
 乾燥したジャガイモ(らしきもの)。どうやって食べるのかな?

Lapazmercado5
 
 
 
 
 サガルナガ通りは、サンフランシスコ寺院を「底」に坂を上っていく。両側には土産店が並ぶ。

 Sagarnaga4
 
 
 
 

Sagarnaga
 

 

 高地独特の刺すような日差しだ(SILKYPIXで現像時に「硬調」を選択していることもあるが…)
 


Sagarnaga3
 
 
 
 
 アルパカの織物が土産物。個人的には結構、好き。
 
 Sagarnaga2
 
 
 
ボリビア、あともう一回ぐらいあるかも。ランキング、ご協力頂ければ幸いです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へにほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へにほんブログ村 写真ブログへ


GR BLOGにも行ってみました。

|

« 混沌(La Paz, Bolivia) | トップページ | そこはかとなく漂う…その2(La Paz, Bolivia) »

GX100/GX200」カテゴリの記事

ラテンアメリカ(その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213456/42343515

この記事へのトラックバック一覧です: そこはかとなく漂う…(La Paz, Bolivia):

« 混沌(La Paz, Bolivia) | トップページ | そこはかとなく漂う…その2(La Paz, Bolivia) »